« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

スーパーアグリテスト開始

スーパーアグリのテストが始まった。

内容をみてびっくり。

なんと、HONDA RA106シャーシを使っているじゃないですか。

このまま、来シーズンRA106シャーシを使えるならば、琢磨&アンソニーのコンビはかなりいい成績を残せるのではないかと、ひそかに期待をしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

展覧会日時の変更

2007年の7月30日~8月4日に変更になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個展やることになりました

平成19年7月2日(月)~平成19年7月7日(土)まで

東京 銀座の「画廊るたん」で個展をやることになりました。

久々の個展なので少し緊張ぎみですが、がんばります。

| | コメント (41) | トラックバック (0)

元F1ドライバーのアレックス・ザナルディ

 ザナルディは、2001年、CARTで大きなアクシデントに遭い、一命は取り留めたものの、両足を失った。

おいら、このときのレースをちょうど見ていたんだよね。

マシンが横向きになったときに側面から他のマシンが突っ込んできて、マシンは大破。

そんな、彼だが今でもレーサーとして活躍していて、今回はBMWザウバーのF1マシンをドライブする機会をあたえられた。

今回ドライブするBMWザウバーF1.06は、彼のために特別な改良が施されている。コクピットの右手側に特製ブレーキペダル、ステアリングホイールの左後方のシフトパドルにスロットルが取り付けられている。
 

「最初に、このチャンスを与えてくれたBMWに心からお礼を申し上げたい」とザナルディ。
「ただ驚いている。もちろん、F1チームから声をかけられることはないだろうが、F1マシンを再びドライブするチャンスが訪れるなんて、まったく信じられないよ」
「F1は開発スピードがすべてだから、最後に参戦した1999年以来どのように変化したかを見るのが、今から本当に楽しみだ。自分でも本当に幸せな男だと思う。自分が情熱を感じるものを職業にできたのだからね。レースドライバーになって、かなりの時間が経っているものの、今でも自分の中に情熱を感じているよ。F1は、これからもそうであるように、モータースポーツの頂点だ。V8エンジンを始動させる瞬間が、今から待ちきれないよ」

 BMWモータースポーツディレクター、マリオ・タイセンは、ザナルディに再びF1マシンをドライブする機会を提供できたことを喜んでいると語った。また、最初は現実味のなかった申し出を実現できたのは、チームエンジニアの頑張りがあったからだという。

 タイセンは次のように述べている。
「アレッサンドロ・ザナルディは、実に印象深い人物だ」
「前例にないほどの強い意思と熱心さを見せて、モーターレーシングへの復活を果たし、現在はWTCCという最高レベルの戦いで勝利できることを証明している」
「今年初めに彼が私にF1でテストができないだろうかと聞いてきた時には、半分冗談のような話だったが、エンジニアたちがそれを実現し、こうしてチャンスを提供できることになった。私もテスト後の彼のリアクションが楽しみで仕方がない」

 このフォーミュラBMWワールド・ファイナルは、11月24日から26日まで開催される。この直前には、ザナルディがBMWのマニュファクチャラーズタイトル獲得の手助けを目指す、WTCCマカオ戦が控えている。

[参照記事 AUTOSPORT WEB]

ザナルディーのF1キャリアは華々しいものではなかったが、両足を失うという大事故と恐怖心を乗り越えドライブする彼のレーサーとしての生き方はすばらしいと思う。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

納豆を食す

本日、急に納豆ご飯を食べたいと思いスーパーへ納豆を買いにいく。

しかし、スーパーの前に罠があった。

週に1度の焼き鳥屋さんがきていたので、なんこつ、かしら、皮、にんにくの芽の豚肉まきとサワーを購入。

納豆も買ったがそっちのけで、一人晩酌開始→眠くなる→3時間ほど寝る。

そして、深夜0時現在、小腹がすいたので納豆をそのまま食してる。

ついでに、納豆にねぎを入れる人は多いと思うけど、ない場合は玉葱をいれてもおいしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »