« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

カメラケース

自分の使っているペンタックスのデジカメ用の革ケースを作ってみました。
今回はマチを別の革で縫い合わせるのではなく、本体の革を利用してみました。
この方法は鞄などを作るときにはいいのですが、カメラケースなどの小さいものだと
縫い合わせるのに結構苦労しました。

Imgp1678 Imgp1679

側面が縫いあがる途中で、カバーを差し込む部分を取り付けます。
Imgp1680

そして、完成です。
Imgp1681 Imgp1682 Imgp1683
やはり、手縫いでやると味があっていいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギフト券

先日、3年越しの名刺入れを送った木公氏よりギフト券をいただいてしまいました。

彼のblogで記事にしていただいたりしてありがたいなと思っていただけに2重の喜びです。

彼と連絡を取っていると、もともと、ご当地の名物を送ってくれようとしてくれていたみたいですが、私のミシン熱を知っていた彼がギフト券という形ではどうだと提案してきてくれました。

私は最初お断りしたのですが、どっちにしろ何か送るんだぞ、ということで了解させていただきました。

かっこよすぎるよ、木公氏。

ギフト券で使った金額分をミシン貯金にまわします。

ほんとにありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミシン熱

いまだに革細工熱の冷めないオイラ。

今、ほしくなってきているのがミシン。

仕上げ縫いは手縫いが一番だなと思っているのでいいのですが、
問題はハギレの革を縫い合わせてパッチワークをするときにどうしようかなというところ。

革を縫うときには菱ギリという道具でまず穴を開けてから縫い合わせていきます。

この工程をミシンでダダダダダアとやってしまおうというわけです。

ようは、楽をしようとしてるわけです。

そして、もう一人のオイラがささやくんです。
「なぜミシンをつかう!手縫いにこだわれ!」
と。

おいら:「おし、わかった!手縫いでやるよ。でもね、デニムとか洋服のリメイクにも興味があるんだけど、それならミシン買ってもいい?」

もう一人のおいら:「それって、革をミシンで縫いたいって気持ちも入ってるよね?ミシンを買いたい口実にしてない?」

おいら「・・・」

こんな感じの押し問答をしております。

ココ2週間ミシンばかり探していますが、浅草の革屋のおばちゃん曰く、
「私は通販で買った19800円くらいので縫ってるよ」

と言うことなので、革用の押さえと、糸を使えば問題ないのですが、
物を探し始めると欲が出てきて、いまほしくなってるのが、
ジャノメの「JP-500」です。

いろいろ調べたとこと「JP-500」のモーターは80ワット。
そのうちライトに使われるのが15ワット。
純粋に縫いに使われているのが75ワットと理解しております。

一般的な家庭用ミシン(2万円~3万円)のは大抵、
純粋に縫いに使われているのが40ワット。

実際に「JP-500」をつかってオリジナル・ヴィンテージデニム(14オンス)を製作していらっしゃる方がいるので、パワーは問題ないと判断。

ただ、「JP-500」は4万くらいして、当初の予算の倍です。

うーん、今の時点でいまいち踏ん切りがつかないってことはそういうことなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの下取り

今使っているPCの下取り見積もりをとってみた。

うちのPCはドスパラで2006年の7月に購入したもの。

スペック

XP SP2
AMD Athlon(tm)64 X2 Dual Core 4200+
2.21GHz 2.00 RAM
NVIDIA GeForce 7900GT 256MB

オンラインの見積もりをドスパラにしたところ

査定価格: 27700円(税込)

ショボーン・・・

まあ、1年半で約1/5だからいいほか・・・

そもそもなぜ見積もりを依頼したかと言うと、

まず、PC使ってるとブルーバックになる症状がではじめてきた。

多分メモリだと思うんだけど、そんなにPCに詳しいわけではないので
いまいち原因がつかめない。

もし、メモリだけの問題なら全とっかえするんだけどね。

あとは、ノートPCがほしくなってきたってのもある。

G-tuneの17インチか15インチあたりで狙ってる。

まあ、いまならノート買う値段出せば、デスクトップでクアッドコアのものが
買えるんだけど、場所とるし移動できないし、いろいろ贅沢をいうときりがない。

だれか、この症状の解決方法ご存知ならおしえてきださい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革でbookカバー

最近、革細工熱が沸いております。

で、今回はbookカバーを作ってみました。

Imgp1669 Imgp1670 Imgp1671

革の中折部分の上にトラベラーズ・ノート・ブックでヒントを得て

革紐でしおりを取り付けてみました。

今回も全て手縫いです。

というほど、縫ってはいませんがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル・携帯ストラップ

松氏のリクエストにより作成したストラップが完成いたしました。

Imgp1668

シリアルナンバー入りでございます。

Imgp1666

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名刺入れ完成

完成いたしました。

Imgp1664 Imgp1665

| | コメント (1) | トラックバック (1)

3年越し

友人の松氏と交わした約束を3年越しで果たそうとしております。

オイラの作った鹿革の名刺入れを気に入ってくれて、

「俺にも作ってくれ」

と言われたのが約3年前・・・

そして、革の制作意欲が薄れ、いままで放置状態でした・・・

松氏、すまん。

と、いうと、「さっさと作らんかいボケ!」

と松氏に突っ込まれそうですが、

製作は順調に進んでいます。

現在こんな感じ

Imgp1653Imgp1657 Imgp1658

一般の名刺サイズからするとちょっと大きくなっていまったのでこれから修正します。

追伸こちらの革で何か作ってほしいものありますか?

Imgp1659

革のサイズが小さいので名刺入れやパスケース、コイン入れなどの小物しか作れませんが、もしご希望がありましたら教えてくんなまし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »