« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

家庭用ミシンで皮細工 覚書

以前、家庭用ミシンで革細工をしようといろいろミシンを調べていましたがミシンの縫い目と手縫いの縫い目の違いをいろいろ研究していたらあることに気がつきました。

ミシンの糸の縫いというのは、手縫いのそれとは待ったくちがいます。

ミシンには上糸と下糸とがあります。

そして、これらを絡み合わせることで縫っていきます。

ミシン縫い
Photo_6 

手縫い
Photo_5

この違いは仕上がりにかなり違いが出ます。

ミシンは上糸のわっかに下糸が通っているのでよく見ると小さなコブができています。ミシン糸というのは非常に細いものなのでコブも小さいのですが、表にこれがあるのはあまりきれいではありません。

手縫いはこのコブがないので表、裏に糸の縫い目が綺麗に出来上がります。

しかし、市販されている革製品を縫うときは革専用のパワーのあるミシンで仕上げるので
裏のコブもしっかり締め付けられているので綺麗にみえるわけです。

家庭用ミシンの場合、パワーが弱く締め付けをうまくしてくれません。
たとえば1ミリ厚の革を使って縫い合わせる場合、厚みは2ミリになります。
しかも、通常手縫いの場合だと下穴を菱ギリであけてから縫うのですが、ミシンなの場合はミシン針で下穴をあけながら縫うという作業になるため、2ミリの厚みのものを貫通させ、縫うというのは正直無理があるとおもいます。針にシリコンなどをつけるなどありますが、やはり無理があるのでないかと思われます。足踏みミシンでも同様です。

0.1~0.5ミリ厚くらいの革どうしを縫い合わせる場合などは家庭用ミシンでもいけるかもしれませんが、私の中では1ミリ以下の革は革ではない(財布など、複雑なものは別)のでしようとは思いません。

そもそも、大量生産を目的として製作しているわけではなく、こだわりの品物を製作することが目的なのでどこかで妥協してしまって後悔したくはありません。

そして最後に、ミシンでは手縫いの風合いは出すことはできません。
という結論に達し、自分の求めているものは手縫いでしかできないということがわかりました。
一針一針縫っていくという大変な時間と製作工程とう手間が存在することはそこに製作者の思いやこだわりがあります。手縫いの革製品が高い理由も納得できました。

また、気分が変わってミシン熱が湧き上がってくるかもしれませんが、自分の求めているものがミシンでしかできない場合ミシン購入を検討することになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチワンダイバー

最近お気に入りのドラマは「ハチワンダイバー

ドラマは将棋の真剣師のお話。

真剣師とは賭け将棋を生業とする将棋指し。

しかし、ドラマの主人公は自分が真剣師として歩む事に疑問をもって純粋に将棋と向き合うためにいろいろな将棋指しとの勝負そしていく(自主的というよりは受動的に)

お気に入りの理由のひとつは、全体的な雰囲気がじゃっかんおバカなところ。

しかも、土曜の11時10分からの深夜枠という微妙な時間にも好感。

正直なところ、ゴールデンじゃなくてよかったなとおもってる。

お気楽に見られるドラマってなかなかないのでがんばってほしいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボー

久々に地上波で「ランボー」をみている。

若いころのスタローンを久々にみたが、声が佐々木功の阿部寛にしかみえん・・・

最新作の「ランボー」は最終章らしいが、続編をまた作ることがあるなら
その時はぜひ阿部寛を起用してほしいと願う。

ハリウッドのお偉いさんが粋なはからいをしてくれるといいな。

その時はぜひ私に脚本または監督をやらしてほしいもんだ。

ランボー DVD ランボー

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『ランボー 最後の戦場』 シルベスター・スタローン インタビュー
配給ギャガ・コミュニケーションズ
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スープ

思いっきりテレビで以前、石倉三郎さんが作っていた砂肝スープをつくてみた。

番組中ですごくおいしいと評判だったので試してみたのだけれど、レシピをネットで見てやったのが失敗だったのか、仕上がったスープは生臭かった・・・

しかたないので、生臭くなったスープを捨てて砂肝を吸い物に変更。

次回は砂肝の下準備を工夫してつくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーアグリF1から撤退

スーパーアグリF1から撤退とい衝撃的な報道が流れてしばらくたちました。

そして、今週、そのスーパーアグリのいないF1トルコGPが開幕。

予選ポールはフェラーリのマッサ。

彼には相性のいいサーキットのようです。

そして、F1で唯一の日本人ドライバーとなった、ウィリアムズの中嶋一貴が予選16位。

しかし、、琢磨の走りを見られないのは残念です。

スーパーアグリ撤退の最大の要因は資金難にあるようで、バーニーのコメントを信じると1億ドル必要だったようです。

1億ドル≒100億円

ものすごい金額だ。

それはさておき、今後の琢磨とアンソニーそして 亜久里さんの動向が気になるところ。

噂では、琢磨がバリチェロに変わりHONDA入りするのでは?との話もある。

また、亜久里さんに関しては個人的にはHONDAのニック・フライの後任になってもらいHONDAを引っ張ってもらいたいなとおもう。

実は最近、琢磨の夢をみました。

琢磨がF1でポールポジションをとった夢です。

琢磨がロス・ブラウンのいる今のHONDAに入った場合近い将来現実になりそうな気がしたりしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

猫じゃらし

ご無沙汰しています。

最近の製作のメインは革細工ですが
革をつかってオリジナルの猫じゃらしを作ってみました。

Imgp1719_2
柄の部分は桜の小枝です。ムリにへし折ってきたりしていませんよ。折れて落ちていたものを使ってます。

かなりシンプルな構造ですが猫たちにはかなり好評なようです。

Imgp1710_2 Imgp1706
ほしい方いましたらつくりますよ。なんてなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »